葉梨の里スタッフブログ スタッフの声をお届けします

2016年10月10日

初秋

 今年は台風の当たり年。ここ数日ずっと雨つづきで、ほとんど太陽を見てないように思います。
あいにくの天気でしたが、月命日にはお墓参りを・・・と思い、雨のすきまをぬって、お墓参りに来られる方もたくさん来園されています。
そこで、そもそも、お墓参りの意味とは?について述べていきたいと思います。(あくまで私由ですが・・・)
今の時代、
・お墓の必要性を感じない、
・死の意味合いについて押し付けられたくない、
・葬儀、戒名や墓の問題で、「納得できないサービスを売りつけられる」という悪印象が強い
等々の理由からお寺、お墓との縁が遠くなっていると感じています。
時代の変化でしょうか、特に「団塊の世代」と呼ばれる方々、この世代は既存の価値観から多様な価値観を受け入れて来られ、その価値観をそれぞれが持っている世代です。その「団塊の世代」が親を看取る時代になり、、宗教儀礼は「それに何の意味があるのか納得できない」「なぜそこまで費用や時間をかけてするのか説明が出来ない」と、実際自分が葬儀や墓問題の当事者になることで、既存の宗教儀礼に関する不信感を募らせており、実際に葬儀や墓への見直しがおこなわれています。
                                              ・・・・・・つづきます。

2016年10月01日

藤枝大祭り

fujiedataisai1
9/30(金)・10/1(土)・2(日)と3年に一度の「藤枝大祭り」が行われています。
その起源は江戸時代、田中城の鬼門を守る青山八幡宮の神輿渡御に藤枝宿の屋台が付き従ったのが始まりだそうです。
日本一ともいわれる長唄による地踊りや市内14地区が競う神輿屋台の曳き回し等々みどころもいっぱい。
天気が少し心配ですが、お時間のある方はぜひ、足をお運びください。

2016年09月26日

第2期工事

葉梨の里霊園、第2期分譲分区画工事は今年3月に完了しております。cimg3069
昨年暮れくらいから、現場工事が開始され、事務所移設等々準備も含めとても大変でした。2016-03-04-08-07-28
工事中は、お参りや、ご見学のお客様にはたいへんご迷惑をおかけしましたが、無事、3月に完成いたしました。

dji_0017
上載の写真のように、バリアフリー設計のすっきりとした、明るくきれいな霊園です。
ご見学はいつでも自由にできますので、お気軽にお立ち寄りください。

2016年09月24日

「夫婦墓」

 葉梨の里霊園の第2期分譲区画に「夫婦墓」をご準備いたしました。
「夫婦墓」とは、お墓を継ぐ方がいない(夫婦だけ、子が娘のため嫁いだらお墓をみてもらえない・・・)等の理由で、永代供養などしか選択肢がなかった方のために、新なお墓の持ち方をご提案させていただいたものです。
cimg3471
簡単にご説明しますと、有期限のお墓、期限を決められるお墓です。最後に亡くなられた方の17回忌、33回忌までなど、ご契約者様がご希望される日までお墓としておいておけ、期限がきたところで、灌渓寺永代供養塔に移させていただくといった内容となっております。また、60cm×60cmと区画サイズは小さいですが、一般のお墓としてもご契約いただけます。
詳しい内容をお知りになりたい方、墓地購入に迷っていらっしゃる方は、ぜひ、葉梨の里霊園まで御来園ください。

2016年09月21日

たいへんお待たせいたしました。

葉梨の里霊園スタッフブログ、長い間更新されず、大変ご心配をおかけして申し訳ございませんでした。
満を持して本日より、ブログ再開いたします。

更新止まってしまっていた間もさまざまな出来事がありました。(・・・出来事は、また今後このブログにてご報告させていただきます)
ここ2か月前ぐらいから、新聞チラシ等でご存知の方もいらっしゃるとおもいますが、たいへんお待たせいたしました。平成28年1月より葉梨の里霊園第2期分譲開始となりました。今回、区画の種類も増えcimg3471(写真は有期限オプションをつけられる夫婦墓)
お客様のご要望にお応えできる区画揃えとなっております。
2期分譲分も当然限りがございますので、墓地購入をお考えの方、早い者勝ちです。
見学だけ、とりあえず相談したい・・・等のお客様も是非一度ここ葉梨の里霊園に足をお運びください。常時スタッフがおりますので、お気軽にお声をおかけください。スタッフ一同こころよりお待ちしております。
区画の詳細、その他情報は追々このブログにてご紹介させていただきます。お楽しみに。

ページTOPへ