葉梨の里スタッフブログ スタッフの声をお届けします

2016年11月30日

墓石の種類2

まずは中国産墓石についてご説明したいと思います。
中国から石材が本格的に輸入され始めたのは約40年前。約20年前には中国・福建省で初めて日本の業者との合弁工場が設立し、墓石の加工が始められました。その後、圧倒的な価格差と見た目の良さから今日では、産地にこだわらない、価格重視の方も増え、市場にもたいへん多く出回っています。20090708-g654heiwaG654(平和)
品質に関しては、一般的に、水を吸いやすいものが多く、特に寒冷地では割れや変色が懸念されるものもあります。また、品質が一定でないこともあります。しかし、あくまでも「一般的」にであり、もちろん高品質なものも多くあります。特に価格に関しては「ブローカー」による品質保証のされない安価な中国産墓石を取り扱うところもあり、気にするところでもありますが、価格と見た目だけで選ぶのは注意した方が良いと思います。何度も繰り返しますが、そういったこと(石の特性等)をちゃんと説明してくれる、信用のおける石材店選びが大切なのです。

ページTOPへ